ブログをご覧下さっている皆様、お久しぶりです。

先週辺りは桜がきれいに咲いていましたね。(残念ながらもう散ってしまいましたが…)

こちらで桜が満開になりつつあった、先々週の4/2(木)~/4(土)に弊社では花見を兼ねた社員研修旅行に行ってまいりました。

目的地は吉野山の桜をメインにあとは奈良と京都の名所を巡る2泊3日の行程です。

おそらく大半の方が修学旅行で訪れて以来ではないかと思います(笑)

今回の旅行は弊社では初となる新幹線での移動という事で、当日は朝JR小倉駅に集合です。

もし遅刻してくる人がいたらと不安にもなりましたが時間前に全員集合!!

添乗員さんからの説明等もすみみんなでプラットホームに移動です。

そして、前もってくじで決めていた座席順に並んで新幹線を待ちます。(修学旅行のときも同じ様に並んだなぁとウン十年前の事を思い出しました)

無事に取り残される人も無く出発したのですが、ちょっと一杯ひっかけながら話をしてたらあっという間に新大阪駅に到着です。(いや~ のぞみは速いですねぇ)

そして3日間お世話になるバスに乗り込み観光の開始です。

IMG_0046

昼食を済ませて最初に向かったのは奈良公園(バスガイドさんが何度も正式名称を言ってましたが忘れました。というか僕の中での正式名称はシカ公園ですから!)と東大寺の大仏様の見学です。

IMG_0061

南大門に安置されている運慶と快慶の指揮の下に造られた金剛力士像の巨大さと精巧さに見入ってしまいます。

IMG_0018

IMG_0019

しかし大仏様はもっと大きかった。

IMG_0063

また、大きいだけではなく表情や手の所作も優雅で人を引きつける雰囲気がありました。

何もない時代、昔の人がこのような大仏様をみて神様仏様と祈る気持ちもわかるような気がしますね。

その後は明日香村へと行き石舞台古墳(古代にどうやって積み上げたのか謎の残る石群ですよ)や飛鳥寺(日本最古の本格的寺院)を見学しました。中臣鎌足と中大兄皇子が初めて出会った場所らしいなどと言われるとそれだけで歴史に触れた気になりました。

IMG_0072

 

IMG_0087

初日の行程はここで終了であとは夜の宴を残すのみです(笑)

宿に到着したら夕食までの間温泉につかったり部屋でくつろいだり各自自由に過ごしていよいよ宴会のスタ-トです。

先ずは料理に舌鼓を打ちます。

IMG_0096

お腹が満たされ始めたところでカラオケ大会のスタ-トです!

自慢の声を披露される方、それに聴き入って手拍子で盛り上げる方、話に夢中の方、食べるのに一生懸命の方(笑)それぞれ盛り上がっていました。

その途中でカラオケ大会を中断して、今年定年退職をされる方の挨拶がありました。

毎度のように工場長が登場して、お二方へのねぎらいの言葉を頂いてあったかい空気に包まれました。(工場長ありがとうございました)

その後はまたカラオケ大会に戻り時間がくるまで楽しんでお開きです。(その後も思い思いに楽しまれてたみたいです)

 

それでは2日目のスタ-トです。

前日の夜はいろいろな過ごし方をしたとは思うのですが朝食はみんな起床してしっかりとって予定時間には出発です。

本日は花見のメインでもある吉野山が入っています。

IMG_0102

IMG_0100

吉野山には下千本、中千本、上千本、奥千本と標高事に見どころがあるようですが当日は下千本が見ごろとのことで駐車場からポイントまで徒歩での移動です。

しかしこれが結構距離があり、しかも登り坂…

15分ほど歩いたでしょうか、目的地までついて、各自先に進むもよし寺院があるので参拝するもよしといった感じで解散となりました。

IMG_0111

私は土産物を見たかったのでその場から見える景色を楽しんだ後、引き返してお土産を物色したあとバスまでの道中、対面の山々の桜を観賞しながら戻りました。

まだこれから咲くのを待っている桜達が咲き始めるとより鮮やかな風景が見られるでしょうね。(今頃はそんな風景が広がっているでしょうね)

その後長谷寺へと向かいます。

IMG_0030

IMG_0116

こちらはとにかく本堂までの階段が長い…… 400段くらいあるらしいですね。

一直線に伸びる階段は迫力がありましたよ~ また、本堂のせり出した所から見渡せる景色はすごかったですね~

お寺の中にある満開の桜達と周囲の山々の新緑の感じが良いコントラストを醸し出していましたね。

ちなみにお寺の下で買った奈良漬はめっちゃ美味しかったです。

買って帰って今美味しく頂いています。

ここから昼食をはさんで京都に向かいます。(昼食は三輪素麺でした。美味しく頂きました)

この日は午前中歩きが多かった為昼食後のバスの中はぐっすりお休みの方続出でした(笑)

バスはこのまま京都へ向かいます。

 

後編に続く…

次回は怒涛の京都編をお送りします。

来週をお楽しみください。

-->