師走を迎え人も遠くに見える山々もすっかり冬の身支度を整えてきましたね。

さて弊社のHPを見て頂いている方々はご存知だとは思いますが、去る11月17日月曜日の早朝、弊社の代表取締役会長の萬財泰樹氏が逝去されました。

当日は月曜日だったので始業のチャイムのあとは朝礼があるのですが、社員が集まると社長や常務の姿がなく、部長が話をする為に前に立たれていました。

これはただ事ではないと思っていると部長の話が始まり会長が無くなられた事が伝えられるといつも以上に静まり返り皆黙って話を聞いていました。

その日は仕事が始まっても社内はざわついた感じになっていましたが、おそらく皆会長との思い出を思い出していたのではないかと思います。 

私が会長の事で一番最初に思い出すのは入社の時の事です。

面接の時に質問されるだろうと思い色々と考えていました。

しかしいざ面接が始まると、仕事の内容について少しとあとは会長の歩んできた人生や会社設立からの出来事を熱く語られているのをじっと聞いているだけでした。

かなり時間は経っていたと思います。

そして最後に一言、じゃあ頑張りなさいと言われて面接が終了しました。

私は凄い人だなぁと度肝を抜かれたのを覚えています。

さて私のエピソードだけでは会長の事をお分かりいただけないと思いますので、HP委員会のメンバ-にも会長との思い出を語って頂きたいと思います。

 

横沢の思い出は、入社した時に会長から君の笑顔で入れる事を決めたと言って頂いた事が、一番の思い出で、会長は会社内での仕事の時は、一切の手を抜くことなくしている姿を間近で教わり叱咤激励を受け、ここまで成長をさせていただきました。

仕事以外の事にも、私の家族の事(他の従業員も)気にかけていただいたり、腕相撲をしたりとか色々な武勇伝や思い出がありますが・・・・色々な思い出が駆け巡り目頭が熱くなりますのでここまでとさせていただきます。会長のご冥福をお祈致します。

岩田です。入社面接の時に戦時中の話になりまして、会長は熱く語りながら涙を流されました。私はその話とお姿に感銘を受けまして入社を決めました。部長課長はじめ諸先輩方は「怒鳴られた!」と厳しいイメージが強いと言われますが、私は優しくして頂いた

場面ばかり思い出されます。天国でもきっと微笑んでおられる事でしょう。

NCフライスの宗岡です。私が入社したころは、汎用フライスにいて、よく会長と隣合わせで仕事をしていた事を大変に懐かしく思います。あの時教えて頂いた沢山の技術は、今でも私の礎となっております。

今まで大変お世話になりました。どうぞ安らかにお眠りください。

 

やはりそれぞれ思い出が出てきますね。

仕事では厳しい方だったとは思いますが、厳しさの中に優しさがあり、きちんとその後のフォローをされて従業員を気遣っておられました。

従業員一同喪失感はありますが、残された者たちで新たな一歩を踏み出し前に進んでいきたいと思います。

心より会長のご冥福をお祈りいたします。

-->