皆さんこんにちは。

今日は思いっきり簡単に金型製作の一部を紹介させて頂きます。

(専門的では難しすぎるので、素人様向けにやらせて頂きます)

もし、専門分野の方が当記事をご閲覧された際には、ツッコミを入れないでくださいね。

 

IMG_1278

写真①のプラスチックは何の部品でしょう?

 

 

 

正解はデジカメの一部品です。

IMG_1279

写真②の四角い金属がその金型となります。(表側の金型です)

表側(キャビティ)と   裏側(コア)  が 合わさって、その中に溶けた樹脂を流して 製品化するのです。

 

 

このように製品と金型を並べてみると面白いですよね。

 

 

 

IMG_1280

機械で加工された金型がそのまま製品になる訳ではありません。

写真③は何をしているように見えますか。

これは金型を磨いているところです。

加工された金型の表面は簡潔に表現しますと、ザラザラしていたり凸凹したりしています。プラスチックの表面を

つるつるにする為には、金型を磨かないといけないのです。小さな文字の部分もこのように磨いて、初めて金型

となる訳です。   しかも金型は、非常に 硬い部類の 鉄で 作られますから、 ちょっとやそっとじゃ 磨けません。

磨きすぎて形がおかしくなっても ダメ、、、、

磨き足りないのも 勿論 ダメ、、、、、、、

この加減が非常ーーーーーーに ムズカシイんです。

 

 

 

職人技の見せどころの、ほんの、ほんの、ほ~んの一部を紹介させて頂きました。

では次回を楽しみに待っていてください。

-->