少し暑さの残る先週末に近所の金山川ふれあい祭りに家族で歩いて出掛けました。

毎年2日間あり、1日目は子供たちだけで友達と一緒に行き楽しんだのですが、これをブログに乗せようと前の日に遊びに行けなかった幼稚園の子供と二人で行くつもりでしたが、次の日も行くことが分かったその他の子供たちからせがまれ家族で行くことになりました。

今年は日中とても暑く、到着するとやはり、かき氷の店や飲み物が置いてある店に行列が出来ており、メインステージではカラオケがセットしてあり色んな人が歌を歌っていました。

小学生以上の子供たちは友達を見つけると一緒に遊びに出かけ、何か欲しくなるとあらわれて、何かをおねだりしてはまたどこかに消えていくのを繰り返していました。

出店に行くと子供たちは、まず食ではなくボールすくいやおもちゃのくじをするのですが、中々うまくいかない光景は懐かしく思えました。

一通り遊ぶイベントが終わると、今度は一気に食へと心が移動し、たこ焼きやフライドポテトやかき氷などを買わされ、1時間ぐらいで用意していた金額がなくなった為イベントを後に帰って行きました。

そんな帰り道、子供たちが金山川の橋の下に亀がいると言うので見ると、そこにいるのでシャッターチャンスだとカメラを向けた瞬間、鳥が横切り亀も川底へと(とほほ・・)逃げて行きましたが,歩いて見るとまだ色々な発見があるんだと実感しました。

来週は、金山川のコスモス祭りがあり、幼稚園に通う子供がそのイベントに出るのでまた歩いてでかけます。

その話はまた次のブログでいたしますが、コスモス祭りに興味を持たれる方は、足を運んでみたらいかがでしょうか。

DSC_0189

DSC_0191

 

y

-->