梅雨の時期になり、あじさいの季節でもありますね。

雨が多く、憂鬱な季節でもありますが、きれいに色づくあじさいを見て気持和やかに、さわやかになる方も多いのではないでしょうか。

ただ、今年は梅雨入りしたにも関わらず、いまだまとまった雨が降っていません。

関東地方ではすでに貯水率が20%台というところもあって、水不足の状態になっています。

九州地方でいえば、ダム貯水率は今の所50%以上あり北九州地区も50%~90%となっていますが、このままカラ梅雨が続けば取水制限の可能性も出てくるでしょう。

思い返せば昨年は九州北部豪雨で大きな被害を受けた地域もあり、いまだ復旧されてない所では梅雨の大雨を恐れているとのことです。

自然に癒され、また自然に怯えさせられ・・・人間も自然の中の一部と考えれば当然のことなのでしょう。

ということで、今週末は自然に癒されに足を運んでみようかと思います。

ここ、北九州若松区では、県内有数のあじさい61000株を誇る高塔山を中心に毎年「若松あじさい祭り」が、開催されています。

今週末6/15.16にあり、今週初めは、台風の影響も気にしていましたが、進路がそれ週末は観覧散歩するのには良い天気になります。

委員の何人かは、足を運びに行こうとしていますので、来週以降報告が出来るように楽しんできたいと思います。

 

-->